医療法人 光川会 福岡脳神経外科病院 FUKUOKA NEUROSURGICAL HOSPITAL

9:00~12:30(受付8:30~12:30)
日祝・年末年始除く

(代表)092-558-0081

病院紹介

病院指標

令和2年度 福岡脳神経外科病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 28 39 72 202 277 429 605 414 102
○定義
「集計対象(1~7までの各項目共通)」
2020年4月1日~2021年3月31日までの期間に退院した患者であり、一般病棟に1回以上入院した患者
※集計対象外
・入院後24時間以内に死亡した患者
「集計の表示について(1~7までの各項目共通)」
患者数が10未満の場合は「-」(ハイフン)で表示

○集計対象期間に退院した方を年齢階級別に区分したものです
※入院時の年齢を10歳刻みで区分しております。
90歳以上は1区分としております。

《解説》
当院は急性期の病床を有し、24時間365日の救急対応を行ってます。
脳神経外科専門病院として、最良の設備、最良の救急体制、最良の医療技術、最良のサービスを提供する事を目指しております。
令和2年度の全退院患者数は、2168名になります。全体で見ると60~80歳代が多く、60歳以上の割合は全体の約70%を占めています。11歳~100歳までの幅広い年齢層に対し治療を行っております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤(動脈造影カテーテル) (手術・人工呼吸・中心静脈注射を伴わないもの) 228 2.88 3.04 0.88 61.34
010030xx03x0xx 未破裂脳動脈瘤(脳血管内手術) (人工呼吸・中心静脈注射を伴わないもの) 181 7.18 9.69 3.87 63.39
010060x2990401 脳梗塞(発症3日目以内、JCS10未満)エダラボン治療 91 13.30 15.64 31.87 67.66
160100xx97x00x 慢性硬膜下血腫(穿孔洗浄術など) (人工呼吸・中心静脈注射を伴わないもの) 66 8.12 9.68 21.21 75.53
010040x099000x 脳内出血(JCS10未満) (手術・人工呼吸・中心静脈注射を伴わないもの) 61 14.38 18.86 59.02 64.72
○定義(各診療科共通)
・各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類について平均在院日数、転院率、平均年齢を示したものです。
【DPCコード】
 診断群分類を表すコードです。病名と治療法(手術・処置など)等の組み合わせによって分類されます。
 同じ病気でも治療法等によってコードが異なります。
【名称】
 どの病気に対してどのような治療法を行ったかを表しております。
【平均在院日数(自院)】
 当院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。
【平均在院日数(全国)】
 厚生労働省が公表している2020年度における全国のDPC対象病院の在院日数の平均値です。
【転院率】
 当院より他病院へ転院された方の割合です。
【平均年齢】
 各DPCコードで入院されていた方の年齢の平均値です。

《解説》
当院には、他院の脳ドッグや頭痛やめまいの検査で施行されたMRIで偶然発見された未破裂脳動脈瘤の患者様が多く受診されます。
ご希望により1泊2日や2泊3日でカテーテルを用いた脳血管撮影検査をして治療適応を決定しています。
開頭手術で治療させていただく場合もありますが、できる限り、患者様にとって身体的に負担の少ない脳血管内治療を行う方針にしています。現在では9割の未破裂脳動脈瘤の患者様に対して血管内治療を行い従来の開頭治療に怠らない好成績をあげています。
未破裂脳動脈瘤に脳血管内治療を行った場合の平均在院日数は7.18日と全国平均からみても短いのが特徴です。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む)腰部骨盤、不安定椎/その他の手術あり 28 7.61 16.10 3.57 74.32
070341xx97xxxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む)頸部/その他の手術あり 18.88
071030xx97xxxx 腰痛症/手術あり 21.34
070350xx97xxxx 椎間板変性・ヘルニア/その他の手術あり 16.40
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー/手術あり 12.47
《解説》
当院の特徴は、内服治療(医療用麻薬を含む)や神経ブロックの他に、脊髄刺激療法(硬膜外刺激電極留置)・硬膜外腔癒着剝離などの外科的治療を行っています。
治療抵抗性(一般的な治療が効果なし、3か月経っても痛みが軽減しない)の痛みに疼痛治療を行っています。
対象は頸部以下の痛みで、「腰下肢痛」・「頸・肩・上肢痛」・「中枢性疼痛」・「末梢神経障害」・「帯状疱疹後神経痛」・「がん性疼痛」などです。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx9910xx 狭心症(心臓カテーテル検査) (手術・人工呼吸・中心静脈注射を伴わないもの) 25 3.04 3.07 74.72
050050xx0200xx 狭心症(経皮的冠動脈ステント留置・形成手術など) (人工呼吸・中心静脈注射を伴わないもの) 4.44
050140xx99x00x 高血圧性疾患 (手術・人工呼吸・中心静脈注射を伴わないもの) 8.78
050030xx97000x 急性心筋梗塞(経皮的冠動脈ステント留置・形成手術など) (人工呼吸・中心静脈注射を伴わないもの) 12.09
050080xx9900xx 心臓弁膜症 (手術・人工呼吸・中心静脈注射を伴わないもの) 12.13
《解説》
当院は脳神経外科専門病院として外来・救急外来を問わず様々な脳外科領域の患者様に対して診療・精査・及び入院加療を行っています。そのような患者さんの中には併存疾患として心疾患を患っている方や新たに心疾患が判明する方があり、治療の際にいろいろな障害の原因となる可能性があります。様々な脳外科疾患に対して安全に治療を続けていく為に、当科では循環器領域のバックアップを行っております。 疾患としては虚血性心疾患や不整脈疾患・心不全・等の広範囲な循環器疾患に対しての対応を行っており、虚血性心疾患に関しては冠動脈CT・心臓カテーテル検査やPCI治療(緊急及び定時を含む)を行っています。
また不整脈疾患に対しては投薬加療やペースメーカー治療(体外式・永久を含む)での対応や植え込み型心臓モニタでの対応を行い、高血圧症その他の疾患に対しても診療・投薬加療を行っております。
(尚症例数はDPC14桁分類内での数の為、脳外科疾患での入院の際に行ったものに関しては含まれておりません)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
令和2年度において、お示しする指標はありません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症
重症
超重症
不明
当院の症例数は10未満のため、「-」にて表示しております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 365 16.39 73.44 41.10
その他 87 17.61 71.10 33.33
○定義
・脳梗塞の発症日ごとに患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示したものです。
【発症日】
 入院した時点で脳梗塞を発症してどれくらいかで分類しております。
 ※発症が3日目以内のものを「3日以内」、入院時点で発症4日目以降のもの・無症候性のものを「その他」としております。

《解説》
当院では、脳神経外科専門医、脳卒中専門医、救急専門医、神経内科専門医が連携して脳梗塞の治療を行っています。
CT1台、3TのMRI1台、1.5TのMRI2台、バイプレーンの血管撮影装置2台を駆使して急性期の診断から治療を行っています。
塞栓症が疑われる症例では通常の体表からの超音波検査で心臓や頚部頚動脈の診断を行うのみならず経食道的超音波検査でより詳細に検査をしています。
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士、ソーシャルワーカー、薬剤師など多くの職種の連携で、質の高い脳卒中急性期医療を提供しています。
来春には、回復期リハビリテーション病床もオープンさせて急性期医療のみならず、家庭復帰、社会復帰に向けての亜急性期から慢性期まで継ぎ目のない医療を提供していきます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステント用いるもの) 185 4.04 4.90 8.64 63.45
K178-4 経皮的脳血栓回収術 79 0.11 18.42 62.03 76.04
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 75 7.64 9.28 17.33 75.72
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 69 1.54 10.91 31.88 76.61
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術 (多椎間又は多椎弓の場合を含む)椎弓形成 67 1.49 10.61 11.94 68.25
○定義(各診療科共通)
・診療科ごとに件数の多い手術上位5つについて、各平均の術前日数・術後日数、転院率、平均年齢を示したものです。
※1度に複数の手術を行っている場合は主たる手術1つで集計しております。
【対象外】
 輸血、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術は集計の対象外です。
【Kコード】
 各手術の術式に割り振られているコードです。
【平均術前日数】
 入院日から手術の前日までの日数(術前日数)の平均値です。※手術の当日は日数に含みません。
【平均術後日数】
 手術翌日から退院までの日数(術後日数)の平均値です。※手術の当日は日数に含みません。

《解説》
当院には多くの脳梗塞患者様が救急搬送されてきます。
残念ながらCTやMRIで脳梗塞が完成してしまっている場合もありますが、意識障害や麻痺が強いにも関わらず未だ脳梗塞が完成していない方も少なくありません。発症時間が分かっていればt-PAを点滴投与して血栓を溶解する治療も可能ですが、不明の場合やt-PAが使えない場合には脳血管内治療により血栓を回収する治療が行われます。
当院には6名の脳血管内治療専門医(2名の指導医)が勤務しているため、24時間365日直ちに血管内治療を開始することが可能です。2020年度は79人の患者様に緊急で血栓回収治療を行いました。治療を受けた患者様の多くで状態が改善しました。
またこれとは別に、頚部の頚動脈の狭窄を有する患者様に対して、脳梗塞を予防する目的で、狭窄部をバルーン付きカテーテルで拡張した後にステントを留置する手術も2020年度には75人に施行しました。
身体に優しい血管内治療を駆使して、高齢者や様々な身体合併症を有する患者様に対しても、脳梗塞に陥りかけている脳を救ったり、将来の脳梗塞を予防する治療を積極的に行っています。
麻酔科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1901 脊髄刺激装置植込術 (脊髄刺激電極を留置した場合) 63 1.10 6.24 4.76 74.27
K188-2 硬膜外癒着剥離術
K190-2 脊髄刺激装置交換術
《解説》
脊髄刺激療法とはまず、試験刺激(硬膜外腔に刺激電極のみを留置し、皮膚に固定します。体外から電気を流します。1週間ほどで抜去します。)を行い、疼痛緩和の効果を確認します。リスクは硬膜外神経ブロックと同等です。疼痛緩和効果を十分に認め、脊髄刺激装置の植え込みを希望された患者さんには、体内に硬膜外刺激電極と電池を植え込みます。状況にもよりますが、日帰り手術も可能です。
現在の痛み治療には内服・リハビリ・神経ブロック・手術等、あります。慢性疼痛の治療はまだまだ満足できるものではありません。今後も新しい治療法(欧米では十分に広まっているが、日本未承認)が承認されれば、積極的に導入していく予定です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 (不安定狭心症に対するもの)
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 (急性心筋梗塞に対するもの)
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 (その他のもの)
K596 体外ペースメーキング術
K5462 経皮的冠動脈形成術(不安定狭心症に対するもの)
《解説》
当院に定期もしくは緊急搬送されてくる患者様の中には、来院後に循環器疾患の症状が前面に出てくる事があり、その病態に対して対応が必要になることがあります。
虚血性心疾患を伴う際には冠動脈の評価を行い、必要があれば緊急のPCI治療(冠動脈の閉塞や狭窄部に対してstent等を用いて拡張する治療)を行います。
中には脈が遅くなることで脳循環に影響を与える不整脈を合併することもあり、その際には体外式ペースメーカーを用いて対応を行い、必要があれば永久ペースメーカー挿入術を行います。
さらにはくも膜下出血などの重篤な疾患によるショック状態に対して、循環動態を安定させる手技(IABP挿入術)を行ったり、肺動脈塞栓症などの血栓性疾患に対する加療を行うこともあります。
いずれも頻回に生ずる病態ではなく、それぞれが特殊な病態・疾患ですが、当院に入院されている患者さんが安心して脳外科領域の治療が進められるように多岐にわたって対応を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
令和2年度において、お示しする指標はありません。
更新履歴
2021/09/28
初版
診療時間について
診療時間9:00~12:30

(受付8:30~12:30)
日祝・年末年始除く

診療科目
脳神経外科、神経内科、
(急性期)リハビリテーション科
お問合せはお電話で
代表092-558-0081