医療法人 光川会 福岡脳神経外科病院 FUKUOKA NEUROSURGICAL HOSPITAL

9:00~12:30(受付8:30~12:00)
日祝・年末年始除く

(代表)092-558-0081

福岡脳神経外科からの
お知らせ

    コラム

  • 2017.05.24

新しい脳動脈瘤の治療

脳動脈瘤の治療には開頭・クリッピング術と血管内手術(コイル塞栓術)がありますが、どちらも長所・短所があります。未破裂脳動脈瘤に対しては、コイル塞栓術を行うことが多いのですが、新たに未破裂内頸動脈瘤に対して血管内手術(フローダイバーターステント留置術)が行えるようになりました。

金属メッシュのステントを動脈瘤のネック部(入口部)を覆うように正常の血管に留置する血管内手術です。このフローダイバーターステントは自己拡張作用を持ち、非常に目の細かいメッシュで構成されています。元の動脈の血流を温存しながら、脳動脈瘤内への血液の流入を遮断し、脳動脈瘤内部の血栓形成を促進します。また、遮断された脳動脈瘤のネック部で内皮細胞を増殖させ新たな内膜の形成を誘引します。

内頚動脈の錐体部から下垂体部における大型または巨大かつワイドネック型の頭蓋内未破裂動脈瘤に対する血管内治療に使用されます。また、使用医師に関しても数十名の経験豊富な血管内治療指導医のみに許可されており、当院は数少ない許可された病院です。
(文責:髙橋 伸明)
 



脳動脈瘤の治療には開頭・クリッピング術と血管内手術(コイル塞栓術)がありますが、どちらも長所・短所があります。未破裂脳動脈瘤に対しては、コイル塞栓術を行うことが多いのですが、新たに未破裂内頸動脈瘤に対して血管内手術(フローダイバーターステント留置術)が行えるようになりました。

金属メッシュのステントを動脈瘤のネック部(入口部)を覆うように正常の血管に留置する血管内手術です。このフローダイバーターステントは自己拡張作用を持ち、非常に目の細かいメッシュで構成されています。元の動脈の血流を温存しながら、脳動脈瘤内への血液の流入を遮断し、脳動脈瘤内部の血栓形成を促進します。また、遮断された脳動脈瘤のネック部で内皮細胞を増殖させ新たな内膜の形成を誘引します。

内頚動脈の錐体部から下垂体部における大型または巨大かつワイドネック型の頭蓋内未破裂動脈瘤に対する血管内治療に使用されます。また、使用医師に関しても数十名の経験豊富な血管内治療指導医のみに許可されており、当院は数少ない許可された病院です。
(文責:髙橋 伸明)
 



福岡脳神経外科からのお知らせ
診療・面会時間について
診療時間9:00~12:30

(受付8:30~12:00)
日祝・年末年始除く

診療科目
脳神経外科、脳卒中内科、神経内科、
(急性期)リハビリテーション科
お問合せはお電話で
代表092-558-0081